史上初!今年いちばん「うまい米」を決める消費者参加型のコンテスト「お米番付2019」クラウドファンディングにて審査員の募集を開始!

 お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋 株式会社八代目儀兵衛(所在地:京都市下京区 代表取締役社長:橋本隆志)は、 お米の価値観を変え、 日本を代表する料理人や消費者と一緒にお米の未来をつくることを目的とし、 9月19日(木)よりクラウドファンディング「CAMPFIRE」にて審査員の募集を開始すると発表。

 これまでの「お米番付」は、 八代目儀兵衛に所属する24名の三ツ星お米マイスター(日米連認定)により実食にて一次審査を行い、日本を代表する一流の料理人を含む東西の食のプロ5名にて最終審査を実施。 昨年は全国40都道府県163品のエントリーがあり、 その中から入賞米8点を表彰した。
 しかし、 本年からは、 よりたくさんの方にこの取り組みを知ってもらい、 一人でも多くの消費者にコンテストへ参加してもらうため、 クラウドファンディングにて審査員の募集を開始する。

■「お米番付」誕生の背景
 現在、 流通しているお米は、 ほぼすべてが玄米の外観品質に加え、 有名な産地や銘柄であることだけを評価されている。お米の味が年によって変わることや、 同じ品種でも産地や生産者によって味わいが異なることなど、 お米が持つ魅力は業界の評価軸の影に埋もれ、 画一的な販売が一般的となっている。有名産地ではなくとも「うまい米」の産地は全国にたくさんあり、 味に重点を置いて生産に本気で取り組む生産者も多くいるなか、 このような基準が悪循環を生み、 日本が古来より築き上げてきた食文化自体が失われようとしていることに非常に危機感を覚えた。

 周知の通り、 お米の消費量は年々低下し、 高齢化・担い手不足等、 農業は多くの問題を抱えている。10年後、 20年後に「うまい米」が食べられるか、 子どもたちにも食べさせてあげることができるか。これは生産者から消費者まで、 お米を食べるすべての人にとって共通の課題となっている。日本人が日本人として、 「うまい米」とは何かを知ることが、 これからのお米の未来をつくる一歩になる。「うまい米」とは何かを突き詰め、 有名な産地や銘柄ではなく「うまい米」や「生産者の技術」を未来に継承してきたいという想いから『お米番付』を7年前より開始した。

■クラウドファンディング 実施概要
 これまでのクローズドな審査体制を刷新するため、 国内最大級のクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を活用し賛同いただける方を広く募集。 日本を代表する料理人と消費者が一体となり、 お米の未来をつくるコンテストの開催に向けクラウドファンディングを開始する。

クラウドファンディング期間:2019年9月19日~11月5日
プロジェクトページ: https://camp-fire.jp/projects/view/181916
(※サイト公開は9月19日 10:00~)

▶関連記事
2019.09.11
ほたるの集う田んぼで育ったお米「京ほたる米」の通信販売を開始